スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
歳末煩悩ツアー
いやぁ〜ん。
かぶってるやぁ〜〜ん!
↓↓
コレとワタシ



自然界の領域に近づいたと思った途端、最近煩悩の世界へと足を踏み入れました。しかも、キャラバン&60満席御礼。欲望は飽くなき物です。

佐賀県宝当神社
元は野崎綱吉公を祭ったお社だったのが、参拝者の宝くじで高額当選したのを皮切りに「宝くじがあたる神社」として有名になった。それに乗っかり、宝当グッズを販売し、宝くじを買って参拝に行こう!ツアーが台数口で出る程、日本人は煩悩で溢れているようです。つか、平日でも参加者多いのよ、このツアー。
ちなみに、先祖にあやかって「野崎」という苗字をつけた住民のおかげで、今やその島には「野崎」さんだらけだそう。100件あったら10件くらいだけだって、「野崎」じゃないのは。


いやぁ、私もまだまだ煩悩の固まりがゴロゴロしておりました。若い!
でも、何度も行くのでいつも買うとキリがないもんで、行く度に1枚だけ購入。
というわけにもいかず、宝くじを入れる袋「宝当袋」に連番10枚入れて、ご祈願して参りました。お父ちゃん、待ってろよow
内緒だども、コレ1月生まれのお父ちゃんに誕生日プレゼント。


Bernard Callebaut Chocolate
 もうすぐクリスマスツリー
 我が家にリース素敵な贈り物ブーツが届きました。
 このチョコレート。
 ちょっと素敵なストーリーを知っててね、思い入れの
 あるチョコレートなんだよね。だから何だかこの寒さの中で
 暖かい気持ちをもらった気になって嬉しいな。

  ありがとう




それにしてもなかなか素敵なメッセージカードが見つけられないょ〜。。。


とりあえずミカン中毒中。
そろそろ足の裏が黄なくなってきております。
10:22 | 添乗報告<九州> | comments(2) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
またもやハウステンボス冬物語
乙女の心を傷つける罪深きハウステンボスツアー第2弾。

present tree
たくさんプレゼントがぶらさげられたプレゼントツリー/ハウステンボス

2回目だから慣れたもの。
今回はある目的を持って、添乗員ご視察券にてテンボスを練り歩く。

1.クルーズすべし。

2.ラブツリーのオーナメントGetすべし。



せっかくお客さんを送り出したのに、せっかちな写真屋が指定時間前に「添乗員さん帰ってきてぇ」電話。しゃーしぃ、時間まで待っとれ!

もうハウステンボス内を行ったり来たりで疲れたけど、何とか目的のラブツリーのオーナメントも3色手に入れた。
1個は松腹家のツリーの一部へと。
1個は黒尽くめの自分へのささやかな差し色。
さてもう1個はどこに飾ろうかねぇ。

メモリアルラブツリー
カップルの願いを叶えるメモリアルラブツリー

ラブツリーに飾れってか!?
いや、そんなメルヘンなキャラではない。

ハート型のモニュメントにマジックで願いことを書いてツリーに飾る。
ブラックライトに照らされてメルヘンちっくなツリー。
モニュメントのハートは手の平くらいの大きさで、ピンク・グリーン・ブルーの3色、携帯ストラップ(鈴付き)付き。

続きましては。
光の運河Royall Illuminationをカナルクルーザーで一人で流されてみた。

カナルクルーズ

入国してすぐの乗り場で並んで待ってたんだが、これがまた乗れない乗れない。人気らしく、全然人間が下りてくれないから、1隻来ても5,6人くらいずつしか乗せてくれないんだよなぁ。ま、乗ろうとした船着場が悪かったのだが、もう今更動きたくない。

それよりも、やけに人の視線を感じる。

きっとボソボソ言われてるんだろうね、「あの人一人!?サムイね!」って。。。

迎賓館
ロイヤルゲストハウス迎賓館

ハウステンボス冬物語。ラスト1回は、12月23日。
ぁぁ、本当にサムイ話だ。
アサイナーの人が、同情して同期の仲良し子と一緒にしてくれた2台口デス。
17:41 | 添乗報告<九州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
ハウステンボス光の街
ハウステンボス光と街のイルミネーション
ハウステンボスのイルミネーション/長崎

コンニチワ。瞳です.

どこぞやのラウンジみたいな出だしですが、如何わしいブログではありませんピピピ
添乗中ドライバーのジィチャンったら真中瞳に似てるからって「瞳チャン、瞳チャン」って、かわい〜♪ 長い1日ずっと遊んでくれた上、長時間運転で休まなくちゃなのにイルミネーション観賞に付き合ってくれて、コーヒーおごってくれたり、寝る間を削って松腹邸の近所までバスで送ってくれたり。

良いドライバーさんに当たると長時間ツアーも苦じゃないけどね。
ホームステイと同様、運転手も当たり外れがあるんです。
運転手と協力してツアーを進行させなきゃだから、きっついのに当たるとイタイね。
例えば、女嫌いとか明らかにシカトとかこれ見よがしに敬語とか・・・。


3日は長崎ハウステンボスのイルミネーションツアーへ行きました。
イルミネーションメインやから帰着が夜遅いのは分かる。
が、出発朝8時っちゃど〜よ!?
昼でいいジャン・・・。

最終地到着時刻は25時。
午前1時と言わないところがまた超過労働さを表すよね。
ご遠慮なくタクっちゃうよ自動車プシュー

辺り一面真緑よつばのクローバーの1000万本の水仙観賞したら、出島行ってカステラ屋で試食して・・・ってどうでもいいコース。コレ、最初の水仙コースは時期的に要らないね。寒いだけ。私だったらコレ省いて昼出発にするよ。

それにしても、ハウステンボスの夜ってば、ふぁんたすちっく結晶ツリー結晶
今回ツアーで利用したのは、ムーンライトチケットという午後5時から入場できるパスポート。そう、ハウステンボスは外国やからパスポートが要るんです。ゲートも入場とは言わず、「入国」「出国」

ハウステンボス自体○年ぶりに訪れたけれども、かなりパワーアップしており、今年新たに迎賓館も加わり、これで完成!したんだそう。

夜の街の街灯はちょっと暗め。
この明るさは16世紀当時のオランダの街灯の明るさと同じで、女性が一番美しく見える明るさなんだと。

ぁぁ、どぅりでネ。



すっかり日の沈んだ5時45分

中央のアレキサンダー広場でゴスペル等の点灯セレモニーが始まる。

ハウステンボス点灯式


聖なる歌声が途切れた午後6時

サンタが指し示す杖の先から徐々に幸せの灯りが灯されていく。


ハウステンボスアレキサンダー広場


幻想的で、寒いけれども暖かい光に包まれる光の街
何があろうと誰もがこの瞬間だけは幸せ



ハウステンボス光の運河パレスハウステンボス
左:ハウステンボス光の運河    右:パレスハウステンボスのバロック調庭園

自由時間4時間。
ジィチャンドライバーとのテンボスデート。


唯一一人参加のオバチャン。
ムリ。あなたの勇気に感服デス。


いんです。
みんなのしあわせが私のしあわせなんです。


と、言ったら笑われた。
今月あと2回、乙女の心を傷つける罪深きテンボスツアーに赴きます。

ハウステンボス幻想のツリー
ハウステンボス幻想のクリスマスツリー
15:03 | 添乗報告<九州> | comments(2) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
天草グルメツアーの憂鬱
スーパーの「5時からセール」のようなバス車内は、お母さん達で賑わってるネ。
ここんとこ25〜35人程度のヨユーヨユーの和気アイアイ&トイレは一人で行けるモン!的な旅慣れてます風の客層なバス旅で楽しかったが為に、久しぶりの九州バスツアー。
客層のギャップがイタイね。
しかも49正シート満席ってツライ。
だって、お母さん達の高笑いで頭キンキンだし、なんかム〜ンと熱気で暑いし、気が休まらないし、後部座席酒くさいし・・・。

そうそう、そう言えば。
添乗やり出して驚いたことの一つに、バスの中で酒ビールを飲む客ニョロ。しかも朝から。
日本はどこでも酒飲めるから・・・と思うと悪いことじゃないんだけど、カナダのバス旅じゃそんな光景見なかったからこんな所で軽くカルチャーショック。
それで酔っ払うから尚タチが悪い。
酒飲んで愛想が良いならまだしも、全然私を可愛がってくれないからおもしろくない。

もう一つ感心したことは、人間の感覚能力とでも言うのか。
というのも日帰りバスツアーは朝早い。バスを走らせてると(走らせてるのは実際私ではないが)、ほぼ皆必ず1回は寝る。ちょっとやそっとの悪路でも一定スピードなら爆睡の人も、途中カーブなどによりちょっとスピードをゆるめるてしまうと大概「フッ」と目覚める。
停止=活動
という通常生活とは逆の法則がバスの中で起こることを知った。

バスが完全に停まってからお席をお立ちくださいマセ。

乗務員の食事は

ご飯
吸い物
刺身5切れ


の我ら側からして全く得るモノがない冴えないこのツアーは、お客さんには大好評で年間を通してずっと出ているらしい。しかもいつも満席御礼。
これまで添乗した中で、最もつまらないものでしたね、私にしたら。

伊勢海老の豪華な昼食に、風呂入って、買い物して、きれいな夕焼けみて帰る。
確かに夕焼けの景色はABCのうちBの上くらいの美しさやったけども、そんな○千円セレブツアーに参加するより、京都や熊野で駆け回ったほうがよっぽど楽しいネ。ま、そんな選べる仕事じゃないからこれも頑張るけどもね。お客さんにしては楽しみだろうし。

でも、やっぱり自分には自然があるツアーが合ってると思った。
こういうところ、カナダに行って変わったカナ。
「今日は○○のランチでぇ〜」とか
「買い物しようと街までぇ〜」とかいう欲が良い意味でなくなってしまった野生児松腹。

スーツ召してるけど、心は野獣デス♪

ま、でも天草ということで、有明海だけど久しぶりに見た海は晴天も手伝って本当にきれい。
ちなみに、有明海は日本一干満の差が大きい干潟でございます。
通常の干満の差は大体3mくらいなんですが、ココ有明海は干潮時と満潮時の差が6mにもなるそう。しかも干潮になったら、干潟の中を平気に軽トラが走ってたよ。ま、そこはちゃんと舗装されてるみたいでしたけど・・・。
干潟だから、水がある時よりも潮が引いた時の姿がやはりキレイですね。

そして狩猟民族松腹は、今日もフルーツ狩りへと赴くのでした。
本日の獲物は「みかん」。

日帰りツアーの度に何かを狩ってきた松腹は、これまでに

柿狩り
メロン狩り
みかん狩り
たまご拾い狩り
紅葉狩り


と数々のモノを狩ってきました。特に柿狩りに関しては延べ10数回。乗務員にはお土産でタダでくれるから今年は松腹家は柿を一度も金を出して買ってない。

そして今回のみかん狩りは今まで一番ケチ農家でござんして、みかん2個と柿2個のみ。しかも農家のオジチャンったら影の指導者オバチャンに隠れてコソっとくれたりするもんだから、ケチケチぶりがうかがえます。


ネ!
九州も結構楽しそうでしょ!?


おや? Q: 九州の人口上位3市はドコとドコとドコでショウ?


ワッ!A:1位 福岡市   2位 北九州市   3位 熊本市

ほら。
北九も多いっちゃんねぇ〜ピピピ
それでも以前は100万都市と言われた北九も、今や軽く都市人口100万人を切っちゃって店は潰れていくばかりなり。
11:33 | 添乗報告<九州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
九年庵戦争
佐賀県にある旧家の庭園「九年庵」

佐賀の大実業家伊丹弥太郎が九年の歳月をかけて築いた別荘と庭園を、毎年紅葉の時期に九日間のみ一般公開される、九州きっての紅葉名所のうちの一つ。

2005年の今年は、11月15日から23日でした。

戦争が始まります。

まだ新人添乗員ゆえ焦るところはキライ。
恐れていたものに当たってしまった。

5分の遅れが1時間待ち。

という言い伝えを持つ、九年庵ツアー。
九州中の観光客がこの九日間に終結する。いや、九州外もね。
ここ最近整理券制度を導入したらしく、本部受付で整理券を受け取り順番が来るまで待つ。広場に待ち時間が表示されるはずが、今年は時間が表示されず「只今○○番台」というふうになっていた。

いつもより早い集合時間に夜も明けぬうちから動き出し、出発する。
朝一番、九年庵到着は早ければ早いほうが良い。
公開2日目の平日。週末ほどではないが、その日だけでも7台口。

5分の遅れが1時間待ち

という言葉をしっかり肝に命じながら、さっそく出発地5分遅れでバス出発。
去年の話を聞くと、佐賀大和IC出口手前で7km渋滞3時間の遅れ、出発時間が到着時間だったという数々の伝説を残す添乗員泣かせの恐怖の九年庵ツアー。

できれば避けて通りたかったけども。
こうなったら到着までに作戦を練る。

作戦1 他の号車と協力して到着状況をレラ
作戦2 早く着いた者はちょっと多めに整理券強奪
作戦3 走る

これ以外にあれば教えてほしいところですがね、駐車場に到着するなり受付まで猛ダッシュ!
お客さんはお客さんに連れて行ってもらった。
うちのお客さん優秀でね、ドライバーさんから聞いた話、バス降りて人数確認したそうな。素晴らしい!お客なのに旗持ってお客を引き連れてた。
ドライバーさんから聞いた話、只者ではないと思ったそのお客さん、元バスガイドさん。
やはり・・・。
職業病ですね。

ま、先に着いた私が整理券確保したのだけれども、1台で77名ってムリがあるよね!?バスには正シートで数えると45席タイプと49席タイプがある。1台で70名以上なんて乗れないのに77名分申し込んだだけでも怪しいのに、心臓破りの階段のおかげでハァハァ勢い良く飛び込んだ添乗員コワイよね・・・。

係員は静かな口調で「急がなくてもすぐ入れるから」って。。。

何だかアレだけ気負ってたのに、拍子抜け。
すぐ入れちゃった。お客さんはものの20分くらいで出てきちゃってるし。

その後柳川下りで時間が押したものの、青空のしたうなぎのセイロ蒸し弁当(これがまたご飯にタレが白い部分が無いほどしっかり染みこんでウマイ!)いただきながら船頭さんの一挙一動にゲラゲラ、福岡の清水寺ご参拝に、メロン狩りしてワイン工場行って・・・と。
お土産三昧な詰め過ぎ日帰りツアーでございました。

かんぴょう船頭

いやぁ、1回ぽっきりでよかったぁ。
心身ともに持たんわ、コレ。
柳川下り

もう眠くてこれ限界。
おやすみなさい。
22:57 | 添乗報告<九州> | comments(2) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
白目睡魔人
柿狩り
福岡県杷木町での柿狩りツアー/見渡すかぎり柿農園

ツアーの日は毎日3,4時間睡眠の肩こり松腹デス。

金曜日に前回3回分のツアーの清算と土日のツアーの打ち合わせに行ってきました。

やっぱり「どんたクィーン」というのはまんざらでもなく、土曜・日曜と同じ日帰りツアー。
慣れてきたから、お客の質問されても応えられるようになってきたし、マイクも躊躇なく持てるようになってきた。
対面トークは好きなんだけども、あの校長先生の話のように、公衆の面前でセルフトークというはどうも苦手なもんで、いつもマイクを持つ時は人並み以上の気力を実は振り絞っているんです。
私にとっては、一人旅に出かけるよりも勇気のいることみたいです。

____________
29日土曜日
45人満席のバス。
何のトラブルもなく、楽しく円満に終えました。
バスのドライバーさんも優しく話しやすい人で、OBのオヤジばかりだと思い込んでいた運転手は、実は29歳という若さで、プチロン毛な方でした。
ドラエモン狂ということで、松腹唯一の特技=斜め顔ドラちゃん画をプレゼントして差し上げました。

お客さんもすごく楽しそうだったし、満足してくれたみたい。
ノってしまった私は、マイクを掴んで離さない。

■今日の戦利品■
・大宰府名物「梅ヶ枝餅」2個(お客さんからおすそ分け)
・チョコレート数個(お客さんおすそ分け)
・柿(柿狩り屋からのお土産として)
・カップコーヒー(ドライバーさんのおごり)


ま、日帰り旅行なんでこんなもんかな。
これ以上に嬉しいお言葉をたくさんもらえたから。

「声がすごく素敵」って。

____________
30日日曜日
当日キャンセルが一人出ちゃって、衝撃の2号車30人。
でも、バス2台口だから総勢73名。多いね。
会場はそれどろこじゃなくて、人が多くて中に入ろうなんて考えたくもない。人混みを歩くのはあまり好きやない。

人数が少ないと思って甘く見たけども、何だか反応がよろしくないので、必要最低限しかしゃべらなくなった松腹。松腹トークが通じないので、ご気分が優れない松腹。笑う所でシカトされて傷ついてるの!笑

でも、大きなクレームもなく終わったから一安心。
ま、1号車はチップと寿司をもらったらしいけど・・・ (=д= )チッ!

今回のバスドライバーさん、1号車2号車の2人ともおもしろい人らで、「人をいじるのが生き甲斐」をモットーに生活してるそう。
案の定、いじられまくりで笑い過ぎちゃって、でも私負けず嫌いやから対抗しようとして、逆の意味で疲れたネ。話を聞く限り、同僚は皆特殊に個性的で。まとも人間は面接で落とされるラシイ。

バスでの席割りは私たち添乗員が参加名簿を見て作るのです。
基本的に添乗員は前から2番目の補助席なんですが、バス席に余裕がある場合は、前から2番目のシート「業務用」として使って良いことになっている。
ので、今日は45正シートのバス(補助席使わずに座れる席が45席のバス)に、30人のお客さんなんで、規則に乗っ取って「業務用」席を自分用に取っておいたけども・・・。
荷物も置いてたハズ。

が何故かちょっと目を離したスキに。


ジィチャン座ってるし・・・

どうやら、誰かが席を間違ってそれが連動してジィチャンもソコだと勘違いしたらしい。
ジィチャンに席を取られたので、スゴスゴとバスガイド席に座らせてもらった、魔のガイドシートに。。。

この魔のガイドシート、夕方になると夕焼けがキレイに見える絶好シートで結構スキなんだけど、高速走るとどうも睡魔人と化す。

でも、お客さんの視線を背中に感じる手前、添乗員が居眠りするわけにゃいかないし。
日が落ちると光の反射のおかげで、フロントガラス越しに見える、後ろのお客の様子。
通路側に上半身を乗り出して前を覗くその姿。
添乗員を監視してるような殺気を感じる。

一瞬記憶を飛ばしつつも、どうにかモゾモゾ気を紛らわそうと頑張る。

「白目むいて、パチパチしとったぞ!」

って横のドライバーのイジリがまた始まった。
それからずっと「白目」呼ばわりです・・・。


■今日の戦利品■
・チェルシー1個(ドライバーの安いお願い)
・紅茶花伝(ドライバーのおごり)
・たい焼き白あん(ドライバーのねぎらい)
・沖縄黒糖飴(お客さんからのねぎらいという名の残飯処理)


とまぁ、今日は静かなお客さん方でした。
ま、やっぱり日曜日のテーマパークということで、大混雑のどんたく会場と博物館。それぞれ不満はあるものの、無事終了。

最近、マイパンツコレクションちゃん達を穿けるようになったのでちょっとうれしかねぇ♪
10:09 | 添乗報告<九州> | comments(2) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
花どんたクィーン
花どんたく
福岡市アイランド花どんたく

弁当のトラウマもなく、ほっかほっか弁当で大満足の休みの日。

落ち込む暇もなく、続けて日帰りツアー2本。
なんとねぇ、これはですねぇ、やはり皆さん苦労は若いうちにしろ!ってことです。
デビューが崖っぷちだったために、何と他の物って容易く感じるもの。
下から入ると上がるだけしかないものね。

先日は、世界初の青いバラを展示する花どんたくと10月16日に開館したばかりの国内4番目に大きな博物館九州国立博物館のツアーに行ってきました。

バスガイドなし。
お客もバスの半分。
昼食は各自自由食だし、現地に連れていけばその後解散。
自分はその間清算したり、報告書書いたりと書類をまとめる。

それ以降、どうやら私は花どんたく専門となったらしく、次の週末も花どんたく2本入ってる。

「同じのばっかだとつまんなくない!?」

とお思いでしょうが、知らない所に行くのが楽しいのは旅行者だから。
連れて行く身としては、知らない所に行くことほど恐ろしいものはないゎよ。
1回行っただけでも、気分は全然ラクちん♪

2日目は、和やかにトラブルもなく、ただガイドさんがいないからマイクを持つ手は慣れてないのがバレバレだけど。
噛み噛みでゴメン!

3日目なんてきた日にゃね、前日の夜なんて準備すんだら早めにグースカグースカ。

いやぁ、鍛えられるわ、この仕事。

ツアー慣れしてくると、お客さんに説明できるようになってきた。
「うんうん」って納得してくれる姿を見ると、「結構役に立ってるのかな」てっちょっと嬉しい。
お客が話しかけてきてくれるのがなんだか嬉しい。
腰は低くとも、実はリーダーシップの快感に酔いしれる。
「お世話になりました」「ありがとう」の言葉が響く。
柿狩りの柿農園で柿のお土産がもらえる。
ドライバーのランチは1000円出るのに、添乗員は600円。って園内で売ってる弁当だって700円だっつーの!
旗持って仕事してたら、バスの中のオッサンから写真撮られてる。
3日目にして「この仕事どのくらいしてんの?3年??」て聞かれたり。

そんなかんじで、ちょっと楽しくなってきたので、もっと伝説創る為にもう少し添乗員を頑張ってみようと思う。
「カリスマ添乗員の素質アリ」というお墨付きをいただいたことですし(個人的には、カリスマよりスーパーになりたいのよネ)、期待に応えてみましょうかしら。

褒めると育つ子=松腹ですから。

まずは、給料低いのは交通費で(*-ω-)ゞ
パパン送迎付きだけど、そこんとこ多めにいただいときマス!
ちょろまかしじゃなくてよ。
20:09 | 添乗報告<九州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
デビュー戦〜弁当伝説〜
コアラのマーチが安くなりますw。
ロッテリアのエビバーガーも半額。

金木犀
うちの庭に咲いてる金木犀。柔らかな香りで癒してくれる。

お久しぶりにキーボードを叩くと、なんとまぁ指が動かないこと。
怒涛の初デビューが滞りにこおって終わり、今日のオフは金木犀の香る縁側でコーヒーをすすりながら日向ぼっこ的遠い目。
こんな休日を過ごすのって何か久しぶりのような気が・・・。

怒涛の川下りツアー。
川も一緒に下ることが出来ました。
モチベーションも一緒に河口付近まで急降下。

前日の打ち合わせと合わせて2日間。
「食事も喉に通らない」ということを証明するかのように、軽く1キロ痩せるし。

夜。
眠れない。どんなに頑張っても眠れない。
ツアー当日。
手の平より小さなオニギリ一個食べれない。

どゎ〜〜〜!!
もう無理!

そんなこんなで始まった初デビュー初日。
出発地点からのお客の不満にも負けず、1発デカイことしときました。

 ●弁当の積み忘れ

50名分のお客様の大事なお昼のお弁当ナシでバスを出発させる。
お客と一緒に積み込むハズの弁当をすっかり忘れてた。
高速道路に入る手前で気付いたのが不幸中の幸いで、大急ぎで持ってきてもらえたのは良かったものの、もうその日一日はバスの中で針のむしろ状態。
席はビッチリ満席。
満席の場合、添乗員というのは前から2番目の補助席に座る、とう規則がある。
皆からの視線が痛すぎて、後ろ向けなくて。

とてつもなく居心地の悪い長い日でした。
それは私だけじゃなく、お客側も同じだろうけど。
でも、ドライバーさんとガイドさんにいっぱい助けられたから良かったものの、これ味方が居なけりゃ球磨川に身を投じていたでしょう。笑

この安給料にそぐわない添乗員の仕事。
「道を間違ったカシラ・・・違う仕事しよ!」とも思ったけども、やっぱりスーパー添乗員を諦めきれない気持ちが勝っちゃって、気を取り直して次のツアーを受けてみた。

ツアーことに清算をするのだけどれども、その清算と次の打ち合わせの為に派遣会社を訪れると・・・

「弁当積み忘れたんだって!?」

皆が皆声を小にして言うのよね。
打ち合わせに旅行会社に行っても、

「松腹さん・・・弁当忘れたの!?」

って小声で。。。
シッポリ絞られました凹

添乗員デビュー戦、1ラウンド完全KO負け。ノックダウンお見舞いです。
もう弁当はコリゴリです。
11:57 | 添乗報告<九州> | comments(4) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ