スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
雪の伊勢神宮
伊勢神宮2

ってなんて情緒があるんだろう。
正月のような賑わいもなく、静かな参道を歩く。
チラホラとすれ違う参拝客。
こういう静かな雰囲気で厳かな空気が好きだったなぁ、そういえば。

振り出したぼたん雪が、見る見る積もって「あっ」と言う間に辺りは真っ白。


伊勢神宮1

私は夏女なんだが、雪が降るから冬も好き。
雪が雑音を吸収して、聞こえるのは「ザクザク」て足音だけ。
冷えた体に暖かい柔らかいみたらし団子が何ともウマイ。

静かに静かにお願いした。



「厄が飛びますように・・・。」


伊勢神宮3
13:58 | 添乗報告<信州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
呼鳥門コチョーモン にあるトイレ
荒波日本海

吹雪で大荒れ日本海。
演歌だねぇ〜♪

呼鳥門のトイレ

福井県の呼鳥門(こちょうもん)、の前のトイレ。
総工費約1億円の日本庭園風トイレ。これ本当の意味で和式だよね。

「人間の一番落ち着ける場所」というのがトイレだということで、こんなトイレ作られても、かなり逆効果だよね。その金をもっと違うことに使い道はなかったのだろうか・・・とパシャパシャ写真撮ってたわりに否定的意見の松腹です。携帯の電波拡大とかさ・・・ココ圏外だし。加えて、休憩所の公衆電話はテレカ使用専用(今時テレカだけしか使えないってないやろ!?10円玉使わせてやぁ。)な上、従業員もまじケチ。ちょっとだけ電話貸してクダサイっつってもダメの一点張り。「どうしてダメですかね?」って(しつこい?)聞いてたら、終いにゃ聞こえないふり攻撃された。ちぃ!

たった10円、20円分の道路状況聞く為だけに1000円テレカを誰が買うかぁっ!

トイレ休憩もドラマがあるゎね。。。

ちなみに、出来た当初はたくさんの観光客がこのトイレに休憩に寄ってたけども、今じゃパッタリ・・・だそう。客寄せの為の1億円は元が取れたんだろうかね。ま、国(市?県??)からの助成金で作ってんだろうけど。


ま、ギリギリ通行止めも解除されたことですし、結果何事も起こらず、無事ツアー終えることが出来ました。

〜幕〜

そうそう。
6月にそば道場に入門してそば作ったんですが、偶然にも今回のツアーの立ち寄り場所がソコ!いやぁ、日本は狭いなぁ〜、ねぇピピピ たったちょこっとの時間しか会えないのに会いに来てくれてありがつ!赤りんご
15:21 | 添乗報告<信州> | comments(2) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
あっ晴れ
白川郷3

晴天おてんき ブイブイっチョキチョキ

寒波の恐れも、通行止めの恐れも、スニーカースリップの恐れもなく、青空の広がる白川郷を散策することが出来ました。雪降る中の情緒ある景色も惜しいけど、積雪2メートルだし、暖かかったし、ホイホイ歩けるし、絶好の観光日和。

今回は集落内散策のみの行程だったんですが、天気も良いし、やっぱり白川郷は全体の景色を見てなんぼ!なので、何人かは展望台へ。

便箋展望台に行く鉛筆
午後4時まで、20分間隔で「せせらぎ公園駐車場」から「荻町城跡展望台」まで
シャトルバスが出てました。距離的に10分程。
しっかり有料・・・片道200円
常時出てるとは限りませんので、事前に確認したほうが良いです。
(たぶんライトアップのこの時期だけ!?)
ちなみに、白川郷の夜間ライトアップは土日のみ。


●白川郷 荻町合掌作り集落マップ


白川郷1

このような残すべく遺産はやはり皆の協力により、守られるべきものです。
保存するには資金が必要。
ただ見るだけじゃなく、ただ歩くだけじゃなく、感じながら、300円くらいの入場料は払いましょうよ。(笑) せっかく来たのだから。海外の国立公園だって自然を守る為に普通に皆お金払ってるのに。そして、ゴミは持ち帰ろう。特にこの地域は、観光名所にはなったものの、まだ普通に生活している人も居るのだから。世界遺産に登録されたおかげにいつも自分の家の回りに人やらゴミやらがある。そういう方達への負担を少しでも減らす為にゴミを捨てない。出さない。No Trace!!大きな影響を残して帰らない。自分は余所者。日本人の意識の中に、こういう考えがまだまだ浸透してないから富士は未だに登録されないんだよなぁ。

海外の自然も素晴らしいけど、日本の「美しい」も大事に育てて残していこう。

ちなみに、こんなとこ行くのに悩んだ挙句、重量ケチってブーツ置いて行って、スニーカー履くのは間違った選択でした。。。運良く今回は大丈夫だったし、ある程度の雪はスニーカーで過ごして来たからっていう根拠のない自信で乗り越えたけど、

「スニーカーでこんな所に来る添乗員さん初めて見た」

と運転手サンに言われた。ツルツルよ、スニーカーって。


白川郷2

ゆき こんもり 
11:05 | 添乗報告<信州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
世界遺産雪の白川郷へ出発
今から積雪2メートルの冬景色の白川郷へ参る。

寒波が来るそうで、道路状況など心配ごとは結構あるけど、行ってみないとわからないから、イメトレイメトレ。
今回も連れて行ってくださる皆様に感謝を忘れず、楽しんでもらって自分も楽しむ便乗員。

以前から訪れたい土地の一つ、世界遺産の白川郷。
最近は季節柄専ら雪地域が多いけど、雪景色の合掌作りは人気ね。
テレビでも取り上げられ率高めですので、急に白川郷ツアーの問い合わせも増えてきてるみたい。早く行かないと、情緒ある雪景色逃しますよ。


それから、3月。
プライベートでお客サンとしてコレに参加♪
●ツアーNO.102 和倉温泉「加賀屋」に泊まる能登・金沢めぐり
テレビにも取材された「加賀屋」従業員の最高接客。見習いたいものです。
で〜も〜お客ぅ〜〜♪ちっちきちぃ〜〜。

添乗員やり出して、いろいろな会社のツアーをチェックするようになったけども、フェリーのツアーはなかなかオススメです♪
11:51 | 添乗報告<信州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
次の寒冷地「白川郷」へ
集団感染旅行の添乗も一息ついて休養中。
寝ても覚めても寝足りない今日この頃。
ちょっと体調崩したけども、何とかインフル逃れたらしい。
ただの風邪!?
どうやら他の2人は当たったみたい。残念。

次は雪深い飛騨高山白川郷に行くヨン様。

雪ばっかの最近のツアーだけど、世界遺産の白川郷、一度は行ってみたかったのね。
美味しいお食事に、良いお宿、世界遺産に登録された情緒ある景色、ユッタリ行程存分に楽しんできまぁ〜す♪
白川郷ってば積雪2Mデスってよ、オクサン。
ぉぉ、長靴いるね、こりゃ。

●白川郷お役立ちサイト●
「世界遺産」飛騨白川郷
白川村ホームページ
白川郷 積雪状況(気象庁より)

雪の白川郷




そうだ。
良いお宿と言えば・・・見つけた!お値打ち「加賀屋」宿泊ツアー。

●和倉温泉「加賀屋」に泊まる能登・金沢めぐり

催行日3月19日。
旅館の前にズラリお出迎えされたい方残る残席あと10名

うちのおかあちゃんも行きたいって地団駄踏んでる。
21:51 | 添乗報告<信州> | comments(1) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
2034m大自然の演出
u2

朝。
何だか一種の演出みたいに、晴れ渡った青空と一夜でポッカリ降り積もった雪。
そして、おまけに霧氷までついてきた。
ご来光も美しく姿を現し、皆大感激。

私はと言えば、今日こそ朝日を望むつもりやったけど、昨日の番狂わせな予定のせいで寝不足&長風呂にて寝坊。目を覚ませば、すっかり明るく、昇りきったお日様。ぁ〜、残念(涙)。

雪景色には見慣れてるつもりやったけど、やっぱりキレイなもんはキレイやなぁ〜。
朝食前のお散歩お散歩♪
昨日テッテケ歩けた道が、一歩一歩ズッポリ埋まりながら歩く。
やっぱスニーカーむり!

u4

結構楽しんでるけど、コレ仕事ね。
仕事で来てるだけども、だってお客さんも自由に遊んでるし、ホテルの人がすごく親切だし、ゆったりするのが目的やから、言うこと言ったらほったらかし。

日本百名山から望む日本百名山の景観を独り占め。
む〜ん、贅沢。
雲が晴れ渡れば、浅間山や槍ヶ岳、八ヶ岳やら遠くは富士まで。
だけども、冬季は一般車通行禁止区域にある為、ホテル専用のマイクロバスの送迎がないとホテルはおろか雪景色にさえ出会うことができない。
全く違う世界が広がる山頂で、温泉にも入れて、トイレも水洗、電気は明るいし、テレビも見れる。
こんな高い場所で、普通の生活が出来ることに驚いた。

u1

ベテランバスガイドさんが初めて親を連れて行きたいと思った所。
写真家が集まる所。
静かな安らぎと自然の美しさを提供する所。

正直、あんまり有名になってほしくないなぁ〜。(ホテルには悪いけど)

もちろん評価は◎!
来年は2泊ツアー組んでもらえるように伝えておきますから、また松腹を連れて行ってくださいマセ。。。
13:55 | 添乗報告<信州> | comments(3) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
極寒の贈り物
u6

ホテルの滞在時間が長ければ長い程イイ。
2034mの山頂にひっそりと佇む静かな宿に少しでも早く到着したい。

わかる、わかるよ。
カットするよ、腕によりをかけてね。
他の立ち寄りを短くして、でも短いと感じさせないトリック。

・余計な情報を与えない。
・添乗員がノホホンと自由時間を短縮。

時間に追われることが嫌いな奴が添乗員してるわけやから、ま、急ぐ素振りはまずないな。内心、かなり焦ってたりはするけど。

日が暮れる前に。
夕焼けを拝む為に。

u9u7

自然ってアートだなぁ。
雲ってすごく表情豊か。

u8

坂を上ると息が上がるのがいつもより早い。
まだ鼻毛までは凍る域に達してないものの、段々と指がシャッターを押せなくなってくる。

はい、日暮れ前、ただいま−10℃。
12:51 | 添乗報告<信州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
霧氷ツリー
霧氷

寒かった。
久しぶりに手がシビれて、痛くて、徐々に何も感じなくなる感覚に襲われた。
「日本でマイナスなんて!」って思っていたのは、九州生まれの怠慢だった。
日本でもマイナス15℃。どれだけ、極寒フェチなのだろう。

霧氷ツリー

枝にビッチリとくっついた霧氷。
真っ白に染まったホワイトツリーに囲まれた雲上の一軒宿での時間。

でも、行きは一面茶色の高原だったよ。
長野県の北部は雪が降り続けているのに、ココはてんで。
たくさんのカメラ機材を抱えたお客さんの落胆する姿が見える。
でも、これは自然の営みなので、私はうなずくしかないけど。
11:59 | 添乗報告<信州> | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ