<< アラスカ熱〜氷河の青に魅了され〜 | TOP | 日本デス。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
アルバータスカイの終わりに
は〜い、そろそろ迫ってきました日本帰国。

全ての始まりは2004年7月4日。
アメリカ独立記念日に自身の独立とかけまして松腹単身カナダへ渡航。

8月から始めた何でもないダラダラ浮き沈みの激しい日記的ブログも、更新滞りながらも1年以上続きましたねぇ。
「書かなきゃ」とか強迫観念など一片も無く、「誰か一人でも読んでくれている人がいる」と思うことが飽きっぽい私の背中をゴリゴリ押してくれたんだと思います。「3日坊主」とはよく言ったもので、手書きの日記というのは実に4日目から自由帳と化しています。

2005年5月12日にカナダを去るまで、いろいろあったなぁ。

ホースステイで生活のノウハウを教えてもらい、ママの美味なるお料理とお菓子に着実に腰回りを強化しつつ、毎日探検がてらカルガリーを歩き、生まれて初めて一人パックパック背負ってバンクーバーアイランドを旅して、素敵な出会いで共に浜辺で野宿、そのままウィスラーへ流れ居候、トレッキング&ヒッチハイク三昧な夏も終わり、カナダ人とのシェア暮らしに頭を悩ませながら学校へ通い、落ち込んだりもしたけれど友達出来て仲を深めて厳しい冬を乗り越えて、新しい住まいに新しい学校、1週間サボッて一人で出掛けた氷点下43℃の極寒の地ユーコンでオーロラと人と出会いユーコン中毒症状発生、夢見心地に学校を卒業したら卒業旅行もほったらかしに一人荷物まとめてユーコン中毒再発、大自然とオーロラを満喫して一時日本帰国。


2005年7月5日、叔父叔母・両親・姉・甥っ子の松腹家構成のうちただ一人長男を除いてカナダまでやって来た7人の団体さん、やはり行っとくバンフやカルガリースタンピード、カルガリー生活の苦楽を共にした友人達との短い再会、そして今夏最大の挑戦カヌーでユーコン川下り320km、1週間自然にお邪魔してすっかりカヌーイスト気取りも束の間文明社会に戻ると叱咤激励の嵐、「皆様にはすっかりご心配をおかけしましたが松腹まだ日本には帰れません。」と1ヶ月FIXチケットの帰路分を破棄して、お父さんゴメンナサイばりにアラスカ旅行、過ぎ去った楽しい日々に想いを巡らせながら、残り少ない日々を大好きな人らと過ごす今。



そろそろ帰りますゎ。

2005年9月29日午前6時半カルガリー空港発。

皆が起きてくる前に静かに帰ることになる。
そしてこれで、このカナダでの生活の日々を綴った「アルバータスカイ」も閉幕。

今度は「セカンドライフ日本再就活企業との熱い戦い日記」でも書こうカナ♪

あと1日あるのでもう1回は更新するカモ。
あ、日本無事帰国も更新するカナ?

とりあえずカナダでやりたい事はやりました。
02:58 | 旅<カルガリー2005夏ストーリー> | comments(6) | trackbacks(1) | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
スポンサーサイト
02:58 | - | - | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
コメント
いよいよ帰国かぁ・・・。本当、いろんな経験したね!
アラスカすごく良かったみたいで、延長したかいがあったやんか!!

いろいろあったこの1年2ヶ月、悔いないんでない??

また日本での松腹の活躍を心から応援するものの一人より・・・

           よく学びよく遊べっ!

んじゃまた日本で・・・☆
2005/09/28 8:51 AM by Tommy
お疲れ様でございました♪♪
ってか、ホント話を聞いたりするだけでもコッチまで充実だったし。
アラスカ旅行は良かったみたいで何よりデス☆

じゃ、年末に一緒に焼き鳥でも食うか。
2005/09/28 11:38 AM by AYA
>Tommyやん
寂しくないといえばウソやけど、でも前回のような悲しさや心の引っかかりなんかがないので、すっぱり・・・きっと涙は流すだろうけど本当にすっぱりカナダを去れるような気がするのさ。苦楽を共にしたTommyとの思い出も満載なカナダ=好っきやでぇ〜〜!
>AYAサン
いやはやAYAサンにはイロイロお世話になりました。同郷出身とバレたのが運の尽き、最後まで私の旅の語らいの餌食となってしまったアナタには沢山の夢を見てしまいました。北国でのオーロラを見ずして小倉藩の入国は禁止デスよ。
2005/09/29 1:59 AM by 松腹
久しぶりに読ませていただきました。一年以上の旅も松腹さんにとってはかなりいい経験になったようですね( ゜ー^)p
松腹さんが日本で、無事就職出来る事を祈っています。
2005/10/01 8:17 PM by
初めまして。
良い生活送られていたようですね。
aonodoukutuさんのところから来ました。
読んでいると、自分のときのことを少し思い出したのでついカキコしてみました。
流れる場所は違えど、流れ方がなんだか似てる気がして・・・(違っていたらごめんなさい)
カルガリーから始まって、ユーコンに流れ着いて帰国。
アラスカ病棟に戻る日を夢見ているそんな私です。

帰国されても頑張ってらっしゃることでしょう。
お互いがんばりましょう。
では
2005/10/02 12:14 AM by cathreen
>空白サン
お名前ないけれども、応援していただきありがとうございます。
素敵な冒険と人と景色に出会い、一回り大きくなりました。
>cathreenサン
初めまして。
本当、似た道を歩いてますね、私達。
今から私もcathreenさんに負けないように頑張ります!
ありがとうございました。
2005/10/05 6:57 PM by 松腹
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://cangaba.jugem.jp/trackback/171
トラックバック
2005/09/28 3:55 AM
タイトルなし 今週のネットカジノ TB:好きな言葉 姉さん.. アルバータスカイの終わりに 続・歯医者さん そういえば bon courage ! ハードワークで2Kg減 【健康診断】親の身長から
「父さん」ブログリスト