<< 人魚住まう水族館 | TOP | ばとるすぱむ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
Tasha Tudor
経験は一番の先生

今までひたすら歩いてきたわ
でも夢を実現するには忍耐も必要よ

人生は短いのよ
すきなことをしなきゃ
だから私は庭仕事をしているの

何百もの球根を植えるのは大変だけど
春に目を出すことを考えたらやりがいがあるわ
辛抱もつらいだけじゃない
まっている間ずっとわくわくしてられるもの

水の入ったバケツの重さが昔の2倍に感じる
でも年を取るのもいいものよ
「お願い」といえば、みんなが助けてくれるもの

想像力を枯らしてはだめ
どんな厳しい状況でも幸せは心の中にあるのだから

i think every spring is miracle
春は命の力に感動するの



思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉
  思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉

 Tasha Tudor
 1915年、アメリカ・ボストンに生まれる。
 数多くの著作やビデオで語られたターシャの言葉を集め、
 さらにターシャが加筆した「ターシャの小さな哲学書」と言える美しい本。


◆ターシャの絵本◆

Pumpkin Moonshine
Pumpkin Moonshine

Corgiville Fair
Corgiville Fair

意外にも絵本大好きな松腹。
純粋で夢があって子供達へのメッセージと愛が詰まったモノ。

日本でも友達へプレゼントしたり、海外での必買リスト。
そしてそれは小学生の甥っ子への土産でも何物でもない、紛れもなく自分用。
まぁ、いつか自分の子供へプレゼントしてあげたい、と思うし、その頃の子供の時代にも受け継がれていってほしいなぁ、とも思う。
その度に重量制限との戦いに苛まれていますけども。

遠い昔を思い起せば、イギリス旅行からの帰り。
オーバーし過ぎで200ポンド払わされた覚えがあります。それでも「40kgオーバーなんだけど5kgにまけといてあげるわ」という言葉に「ポンド使い果してて払えない」と断固拒否を表し、あとは「英語あんまりワカリマセ〜ン」攻防を取ろうとしたら、敢え無く日本人オペレーター登場で「じゃ乗せない」との冷たい言葉にすごすごカード取り出すまだまだ若かった齢22の冬。
それまでが楽しかっただけに、一気に沈んでしまいましたネ。

それからも勉強出来てないらしく、カナダからの帰りも気付けばスーツケースの4分の1は本でした。

話がそれましたが、BSで再放送されたNHKでのTasha Tudorの話。
NHKで放映された時にもチラっと見たのだけれど、今回はじっくり見ることが出来ました。
とても、心が豊かな方だと思います。

今日もターシャは庭仕事に励んでいるんでしょうね。


" target="_blank">Tasha Tudor and Family Official website…ターシャと彼女の家族によるウェブサイト

15:34 | 文化 | comments(0) | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
スポンサーサイト
15:34 | - | - | - | カナダ留学ブログランキングを見れちゃ
コメント
コメントする